すたぶろ

だから,アニメは楽しい.スタジオゴルゴンゾーラ制作部公式ブログです.

パッケージデザインを振り返る会

f:id:tanomotoki:20180725000858j:plain

こんばんは。田野さんです。

 

夜遅くまでパッケージデザインを作っていました。

とはいえ、パッケージはキャストが確定後でないと作成できませんので、化粧箱です。
(今回は化粧箱付き!豪華ですね!)

 

いろいろ入れるべき情報を書き込んでいたら、ふと気が付きました。

f:id:tanomotoki:20180725001153j:plain

GOR-17AM009A

ゴルゴンゾーラの作品管理番号なんですが、なんと9作目に突入しています。
(無事に17年に作ってることになっていますが、正しくは18年です。まちがえました。入稿したファイルでは修正してあります)

あとなんと今回は「本編20分」というとんでもない(?)長さを誇っています。

昔はどんな感じだったんだろうとふと思ったので、資料を見てみました。

f:id:tanomotoki:20180725001848j:plain

これは「GOR-14AM002A」とありますので、4年前につくった第2作のパッケージです。

第2作は制作ノートのおまけでくっついていたんですよね。思い出しました。
このころはBDだけでなく、DVDでもパッケージングしていました。
4年前はまだDVDも見られていたんですね。

今ではHD規格制作でBlu-rayでパッケージングしてしまいますので、懐かしいです。

 

f:id:tanomotoki:20180725002157j:plain

これは第4作の「森の奥停留場2」のパッケージです。

f:id:tanomotoki:20180725002313j:plain

第4作からはBlu-ray規格でのみパッケージングしています。

地味に本編尺が2桁に乗った大作です。もう二度とOpenToonzで作品作りたくないと思いました。

f:id:tanomotoki:20180725002812j:plain

昨年度につくった第7作です。

流通数が異様に少ないレアものですし、実際制作部で保管しているものもどこかにいきました(!)

f:id:tanomotoki:20180725002948j:plain

パッケージからいろいろ振り返ってみましたけど、まあ懐かしいです。

楽しかった思い出よりは大変だった思い出のほうが多いですが。

 

さて、ここで最新作の化粧箱をもう一度。

f:id:tanomotoki:20180725000858j:plain

伝統のパッケージデザインを踏襲しつつ、背景の星を前面に押し出す見事なデザインですね。

実に素晴らしい。期待していてください。

f:id:tanomotoki:20171021230227j:plain

f:id:tanomotoki:20171021230423j:plain

三浦「自画自賛かい」

 

 

本サイト上の全ての文章,画像は特に明記のない限りスタジオゴルゴンゾーラの著作物です.